ここでは、Domain 設定について説明します。System 設定ページ (/desk/admin/domains) へは、Admin Role を持つ User のみがアクセスできます。

Domain の役割

初期設定では、eurie Desk からカスタマーへ送信されるメールは、 @desk.eurie.io ドメインが利用されます。このドメインを、あなたの管理している独自ドメイン、例えば @example.com に指定できます。

Domain の登録

Domain 設定ページ (/desk/admin/domains) では、メール送信に利用するためのドメインを登録できます。

利用したいドメイン (e.g. example.com) を入力してください。サブドメイン (e.g. support.example.com) を利用したい場合は省略せずに入力してください。

ここでドメインを登録しただけでは、メール送信用のドメインとして利用することはできません。ドメインの所有権を確認する承認プロセスを完了する必要があります。

Domain の承認プロセス

eurie Desk からのメール送信に独自ドメインを利用するには、承認プロセスを完了させる必要があります。承認プロセスは大きく2つに別れます。

  1. Email アドレスによる確認
  2. DNS レコードによる確認

この承認プロセスは、独自ドメインがその所有者および管理者の許可なく、不正に利用されることを防ぐためのものです。両方が完了した段階で、独自ドメインを利用可能になります。

1. Email アドレスによる確認

ドメインを登録した時点では、承認プロセスが未完了の状態です。

ドメインの詳細ページで、承認プロセスを進行します。承認プロセスで利用したい Email アドレスを入力し、SEND を選択します。

必ず受信可能な Email アドレスを指定するようにしてください。送信処理が受け付けられると件名「eurie Desk Domain Verification for example.com」のメールが届きます。以後はメールの案内に従ってください。

2. DNS レコードによる確認

Domain の詳細画面に、DNS RecordCNAME Value の値のペアが3件表示されています。表示されている内容のとおりに、DNS レコードを設定してください。

DNS レコードの設定方法は、各 DNS 管理サービスにより異なります。設定方法の詳細はお使いの DNS 管理サービスのマニュアルなどをご参照ください。

DNS レコードの設定が完了したら VALIDATE を選択します。DNS レコードの状態は VALIDATE を選択するたびに確認されますが、場合によりタイムラグが発生する可能性もございます。正しく DNS レコードを設定しているにも関わらず Verified のステータスが変わらない場合は、少し時間をあけてから再度お試しください。

各社 DNS レコード編集方法 (参考)

独自ドメインの利用開始

承認プロセスが完了した独自ドメインの利用方法は、「Team Settings - Team 詳細と編集」を参照ください。