標準のメールアドレスでお問い合わせを処理する

ここでは、eurie Desk のアカウントに割りあてられた標準のメールアドレスでカスタマーサポートを行う方法について解説します。

eurie Desk を利用開始すると、メールを受信可能なメールアドレスが割りあてられます。割りあてられるメールアドレスは、 お申し込み時に申し込んだアカウント名 + @desk.eurie.io です。

Admin 権限をもったユーザーであれば、受信用のメールアドレスは Team の一覧及び詳細ページからいつでも確認できます。Team について詳しく知りたい場合は、Team Setting の項を参照してください。

Email (Receive) に表示されているメールアドレスが、受信用メールアドレスです。上記の画像の例では、受信用アドレスは demo1@desk.eurie.io です。

メッセージの受信

お使いのメールソフトを利用して、受信用メールアドレス (demo1@desk.eurie.io) にメールを送付してみてください。

新着メッセージに関する Email 通知が有効になっている場合、あなたが eurie Desk に登録しているメールアドレス宛に通知がとどきます。

もし、Slack への通知が有効になっている場合、Slack へも通知がとどきます。

通知メールや Slack の通知から、eurie Desk の Inbox に遷移できます。

eurie Desk に、先ほど送信したメッセージが登録されていますね。早速、カスタマーサポートを開始しましょう。

サポートの開始

新規に問い合わせメッセージを受信すると、Thread が作成されます。Thread はメッセージの集合です。

送信されたメッセージの詳細は、Messages に表示されています。

Thread が作成された時点では、担当者を示す Assigned は空白になっています。自分自身を割りあててみましょう。

次に、この Thread が処理中であることを示すために、 StatusToDo から In-Progress に変更しましょう。

それでは早速サポートメッセージを作成しましょう。

メッセージは eurie Desk 上のエディタで作成できます。

作成したメッセージは、すぐに送信 (Send) することも、下書き状態で保存 (Draft) することもできます。下書きとして保存したメッセージは、あなた以外のユーザーは見ることができません。

内容をよく確認し、メッセージを送信しましょう。送信したメッセージについても、Thread のメッセージ一覧に保存されます。

その後のやりとり 〜 完了まで

最初に問い合わせメールを送信したメールソフトにメールが到着しています。

到着したメールに対して返信してみましょう。

送信したメールは、同じ Thread 内の新着メッセージとして登録されます。

この Thread は、受信したメールが2通、送信したメールが1通の合計3通のメッセージを含んでいます。

今回は対応が完了したことにして、Status を Done に変更します。

以上で、今回のカスタマーサポートが完了しました。